軽の寿命は?!

軽自動車のエンジンは660ccで 普通車 1500ccの半分で 原理的にパワーも半分程度であり
普通車100km/h走行時3000回転の場合 軽自動車は6000回転程度で 倍回っている計算です

と言うことは普通車が10万キロ走行で 同じように軽自動車が10万キロ走行すると、エンジンは
20万キロ分回っている計算です 小さなエンジンでかなり過酷な状態と言えるでしょう

前に お客様で 2年間オイル交換してない軽自動車があり、エンストするとの事で調べましたが
圧縮が無くなっていました 普通車ではあまりありえません
やはり 強度的には かなりな差があり 軽自動車は細かなメンテナンスが必要と思います!!

10年以降の新基準の ボディ エンジンは丈夫になっており、耐久性もあがっています。
細かな点検 オイル交換で寿命は大きく変わります。

特に磨耗度の大きいのはエンジンで 高温で長く使用されるので とても過酷な条件です
最低3000km毎のオイル交換は必須です

最近はエンジンの強度も向上しており、オイル交換、 点検等で寿命も伸びるようです

最低でも3000km又は半年毎の交換は絶対必要です!!

エンジンに加えて足回りの強度にも、差が大きく普通車でも 走行距離8万~10万km程度
になると弱くなってきますが、最近の軽は豪華で重くなり、10万も走ると足回りの劣化も

激しくなります 軽で10万kmを超えると エンジン(メンテにもよりますが)、足回りの劣化は
当然普通車の比ではありません

長く乗るには最低3、000km又は6ヶ月毎のオイル交換と定期的な点検がかせません

menu

オートギャラリーアウトバーンオーナー

街のお店情報byHotPepper

トップへ行く